時間帯を比較して選ぶ時のデメリット

電話代行を時間帯で選ぶ

電話代行を時間帯で選ぶ企業は多いです。社員が不在になる夜間の時間帯や、休日に受信する電話に対応してもらうのを、外部の代行会社に依頼することを考えるケースもあるでしょう。電話代行を提供する会社には、定額制でサービスを提供するスタイルと、時間帯別にサービスを提供するケースがあります。 営業時間外の対応に代行会社を用いるのであれば、時間帯でサービスを受けられるプランを選択するのが良いでしょう。時間帯でサービスを利用する場合には、コール単位での課金形態を取るケースも多いです。不在時の応答に用いるのであれば、会社に掛かってくる電話量が少ない場合もあります。時間帯に応じた対応を利用することで、人件費を掛けることもなく、顧客からの問い合わせに対応できるのです。

時間帯別の利用だと多めにコストが掛かる場合がある

電話代行を活用する場合には、事前に代行会社を使う目的を明確にしておくことが大切です。営業マンが不在の時間に、問い合わせ対応を行なってもらうにも、事務的な対応では商機を逃してしまう可能性があります。代行会社によっては、秘書代行サービスを提供している場合もあります。事前に対応内容や目的を伝えておけば、顧客に合わせた受信業務を行なってくれるのです。時間帯別に利用する場合には、受けるコール数によっては、定額制での利用のほうが良いケースも珍しくありません。キャンペーン対応で利用する場合などには、受信量が膨大になってしまうことも有り得ます。契約前に、どの程度の電話量が生じるのかを計算しておくことが大切です。