料金を比較して選ぶ時のデメリット

目的に合うサービスを提供してもらえないこともある

電話代行のサービスを選ぶにあたり、料金の安さばかりに目を向けて業者間の比較をする場合には、目的に合うサービスを提供してもらえないこともあるため注意が必要です。たとえば、電話代行サービスを通じて新規の顧客を開拓したり、大人数の顧客に向けて商品やサービスの説明を丁寧に行ったりするには、オペレーターの専門スキルが不可欠となります。そのため、電話代行サービスを使って営業活動をスムーズに行いたい時には、料金とサービスの内容が見合っているかどうかじっくりと検討することが大切です。また、将来に向けて本当に必要なサービスの契約をするうえで、まずは法人向けのサポートが充実している電話代行会社のお試しプランを選ぶのも良いでしょう。

格安のサービスは質が低いオペレーターが担当することもある

格安価格で電話代行を請け負っている会社は、人手不足や教育不足などの影響で質が低いオペレーターが担当しているところがあります。こうした会社に依頼をすることで、大切な顧客を逃してしまったり、企業の信用を失ってしまったりするケースもあります。そうした中、コストカットを図りながら質が高いオペレーターに電話代行をお願いするにあたり、適正価格でサービスの提供をしている会社を見極めることがポイントです。業種や業態にかかわらず多くの企業から支持を得ている電話代行会社の中には、専属のオペレーターの研修の様子や得意とするサービスの内容について公開しているところも少なくありません。そのため、なるべく時間をかけて信頼できる会社かどうかを判断することが大事です。